パッケージ型との違い|96%以上という高い復旧率を誇る日本データテクノロジー

96%以上という高い復旧率を誇る日本データテクノロジー

男性たち

パッケージ型との違い

小売業や卸売業、製造業などの業種に欠かすことができないのが、販売管理システムです。販売管理システムには、クラウド型とパッケージ型の2種類があります。クラウド型のメリットは、簡単に導入できて、コストが安いということです。クラウドは、自社に専用サーバを構成する必要がなく、事業者が提供しているサーバ上でアプリケーションを作動させます。そのため手軽に導入できて、費用も安いのです。また、多くのクラウド型の販売管理システムが、操作性を追求しているので、ITスキルが高くない従業員でも使うことができます。ただ月額費用がかかるので、長期的な利用を考えると、パッケージ型よりも費用は高くなってしまう可能性もあります。パッケージ型は、自社でシステムを運営するので、拡張性が高いというメリットがあります。自由にアプリケーションを追加したり、システム要件を変更したりすることが可能です。自社でサーバを抱えるとなると、コストは非常に高くなります。システムの内容によって異なりますが、数百万円~数千万円程度かかることもあります。クラウド型とパッケージ型では、同じ販売管理システムでも費用や利便性は大きく変わってきます。企業が求めるものによって、最適な販売管理システムは異なりますが、現在ではクラウド型を使う企業が増えてきています。拡張性の低さをカバーしているクラウド型の販売管理システムも増えてきているので、メリットを感じやすいのです。