企業で使うメリット|96%以上という高い復旧率を誇る日本データテクノロジー

96%以上という高い復旧率を誇る日本データテクノロジー

男性たち

企業で使うメリット

クラウドのバックアップサービスはとても利便性が高く、今では多くの企業が有効活用しています。以前まではテープにバックアップして金庫に保管していたデータも、クラウドを利用すれば簡単にバックアップできるので作業の負担は大幅に減ります。以前まで主流となっていたテープストレージは、コストが低いので導入しやすいのですが、バックアップまでに時間がかかりますし、テープの入れ替えが必要になるので作業負担が大きいです。しかしクラウドバックアップの場合、数本分テープが必要になる莫大な量のデータでも、一括で転送できるので大幅に時間を削減できます。作業もほとんど不要になるので、とても負担を減らせるのです。自社でバックアップシステムを構築することも可能ですが、それでは莫大なコストがかかってしまいます。クラウドバックアップを使えば、月額料金を支払うだけで良いので、費用負担が少ないです。経費としても処理できるので経理上も楽なのです。

クラウドバックアップは、停電や地震や家事などの災害リスクから逃れられるという特徴があります。データを保存するハードディスクはとても精密なので、壊れやすいです。そのため災害によって、保存していたデータを失う可能性があります。クラウドバックアップでは、安全性が高いデータセンターで運用しているので、停電した場合でもデータを守ることができるのです。ただ、業者によってシステムの安全性は異なるので、利用する前に確認しておいたほうが良いです。