96%以上という高い復旧率を誇る日本データテクノロジー

オフィス

復旧率が高い業者

データ復旧業者を利用するなら、技術力を重視するべきです。企業内の大切なデータを復旧してもらうのですが、高い技術力が必要になります。技術力が低いと、状態が悪化して復旧率が低くなる可能性もあります。データ復旧業者の中でも、高い技術力を持っているのが日本データテクノロジーです。日本データテクノロジーのデータ復旧率は、96%以上です。データ復旧業界全体の復旧率は、70%~80%程度なので、これと比較すると非常に高い復旧率ということがわかります。高い技術力があるので、他の業者に依頼しても復旧できなかったデータを復旧してもらえる可能性もあります。さらに、日本データテクノロジーは、多くの有名企業のデータを復旧した実績があるので安心して依頼しやすいです。セキュリティ体制も充実しているので、大切なデータを復旧してもらう際も大丈夫です。

日本データテクノロジーの特徴の1つが、ファームウェア障害も復旧が可能ということです。ファームウェアとは、ハードディスクの動作を制御するソフトウェアのことで、この部分に障害が起きるとデータの読み書きができなくなります。ファームウェア障害は、物理障害と似ているので、対応していない専門業者が多いのです。しかし日本データテクノロジーなら、ファームウェア障害も対応しているので、とても心強いです。土日祝日にも対応してくれるので、今日中にデータを取り戻したいというときにも助かります。

パッケージ型との違い

販売管理システムには、クラウド型とパッケージ型の2種類がありますが、それぞれコストや拡張性など大きな違いがあります。最近では、コストの低く手軽に導入できることから、クラウド型を利用する企業が増加しています。

もっと読む

企業で使うメリット

テープストレージでバックアップしているという中小企業も多いですが、テープストレージではコストがかかる、作業負担が大きいなどの悩みが出てしまいます。クラウドバックアップなら、コストが安く、作業が不要になるのでとてもメリットが大きいです。

もっと読む

コピーのメリット

ビデオテープに企業で使用する映像が保存されている場合は、専門業者に依頼してDVDにダビングしてもらうと良いでしょう。専門業者なら、100枚以上のダビングにも対応してくれます。

もっと読む